顎関節症と矯正歯科

矯正歯科マウスピースと顎関節症

矯正歯科マウスピースで治療

顎関節症とは顎における疾患の一つで、主な症状は、耳鳴り、顎の痛み、口が開きづらくなるなどが挙げられます。この症状が悪化すると就寝中などにブラキシズムと呼ばれるくいしばり、歯ぎしりなどで歯に過度の負荷がかかり、歯にヒビが入ったり、ひどい場合は欠けてしまうこともあります。この症状への有効な対策として矯正歯科でマウスピースを作成し歯への負担を和らげる方法があります。この器具を歯の上部または下部に装着することによって、無意識の歯と歯の接触を防ぐことができます。顎関節症になる原因は様々です。実際には多数の因子がなりあっていると言われていますが、その一つにかみ合わせの悪さが考えられます。そういった場合、矯正歯科で矯正治療を行うことで症状が改善するケースもあります。

顎関節症にはスプリント療法を

矯正歯科を提供している医療機関では、顎関節症の患者さんのために、スプリント療法と呼ばれるマウスピースを用いての治療を提案しています。このスプリント療法で使用されているマウスピースは、上あごや下あごの歯列に被せるプラスチック製の装置になり、就寝中の時間に使用して顎関節の負担を減らしていく効果が期待されるものです。矯正歯科では、専門医によって患者さんの口腔内や顎関節などの状態を詳しく診察し、個々の患者さんに適した治療を提案していきますので、顎関節や筋肉が痛むなどの症状がある方は、相談されてはいかがでしょう。

顎関節症治療の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 矯正歯科マウスピースと顎関節症 All rights reserved