矯正歯科で嚙み合わせ

矯正歯科で噛み合わせ改善

噛み合わせなら矯正歯科を受診

俗にいう顎関節症とは顎の関節がスムーズに動かない、痛い、関節がすれる音がする等の症状を呈するものです。多くの場合、顎関節の間のクッションの役割をしている円板が欠けたり、穴があいたりという支障が生じることによるものです。原因も様々ですが、受け口や出っ歯、歯並びが悪いなど、悪い噛み合わせが原因というケースもあります。不正咬合が原因と分かれ矯正歯科で歯列矯正をすることで症状が治ることもあります。不正咬合が原因の場合、治療は早めに行う必要があり、不安を感じたら矯正歯科を訪れてみることも一つの用法でしょう。

顎関節症をほっておかない

あくびをする度に、顎から音がなる、ひどいときには口を開けられなくなる、顎が痛いなどの症状があれば、顎関節症の疑いをもち矯正歯科に行きましょう。口が開かなければ、食べることもままならない状態になり後々困ります。別に痛くないし、たまに達成感を感じるくらいだからと軽い気持ちで放置していると、あとで困ることになります。この原因については、1つだけの問題ではなく、歯の噛み合わせや、食生活、日々のストレスなど様々な要因が重なりあって起こります。基本的に日々できることは咀嚼筋を軽くマッサージするといいです。また噛み合わせにはどう気を付ければいいかという点においては個人差があると思うので、矯正歯科で見てもらい長いスパーンでアドバイスをもらいながら直していきましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科マウスピースと顎関節症 All rights reserved