矯正歯科で脱歯ぎしり

矯正歯科で歯ぎしりを治す

矯正歯科で顎関節症と歯ぎしり

歯ぎしりは寝ているときやストレスが溜まっている時等無意識なことが多いので自己治療は困難でそれが顎関節症にもつながるのでかなり厄介です。治療するなら矯正歯科で行います。代表的な治療法はマウスピースを用いたもので歯ぎしりから顎関節を守ってくれます。近年インターネット上で手軽に購入できるマウスピース等も多いですが、素人判断で使用するのはあまりお勧めできません。矯正歯科の医師による適切な診断のもと治療を行うことが有効です。歯と顎は単に距離が近いだけでなく関係が深いので軽視してはなりません。然るべき治療を行いましょう。

歯並びと顎関節症の原因について

顎関節症を治療するには矯正歯科を受けることがお勧めです。歯並びが悪いとその影響で、最後まで噛んだときに歯がずれた方向に収まってしまうため、噛むたびに顎がずれることになります。嚙み合わせが悪いことが直接関係がない場合であったとしても、悪い噛み合わせによってストレスを感じ、そのストレスが原因で歯ぎしりをして、顎関節症となってしまうケースもあります。まずは、矯正歯科で歯並びを治し、歯を正しい方向に収まるようにすることと、悪い歯並びを治すことで、ストレスによる歯ぎしりをしないようにすることが、治療につながることになります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科マウスピースと顎関節症 All rights reserved