矯正歯科と整体は

矯正歯科の整体で顎関節症を治す

矯正歯科の整体で顎関節症治療

矯正歯科とは歯に関して身体器官を矯正していく為のものであり多種多様に分かれます。その中でも最近は整体を受けて顎関節症を治療することができたという方が増えています。その理由にこの症状は額関節自体の噛み合わせが悪くなってしまい、動くたびに引っかかりが生じたり動きが悪くなってしまいます。それは顎関節以外にも頭蓋骨や頸部のゆがみなど様々な部位が起因しても起こります。しかしそれらは器質的な原因もあれば関節のずれや歪みが引き起こしているケースも多い為、矯正歯科で生態を受け、そのバランスを整えることで解消することが可能です。

顎関節症の症状について

矯正歯科が取り扱っている症例の一つに、顎関節症というものがあります。これは顎を動かしたときに音がする(関節雑音)、口を大きく開けることができない(開口障害)、そして慢性的に顎に痛みが走る、という症状を呈した場合に判断される症例となります。この顎関節症は顎の症状だけではなく、ときには頭痛や首の痛みなどといった二次的な症状も発症することがあります。この症状ははっきりとした原因を突き止めるのが難しく、複数の因子が重なり合うことのによって発症する病気だとされています。治療をおこなう際には矯正歯科や一般歯科、あるいは口腔外科の受診が必要となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 矯正歯科マウスピースと顎関節症 All rights reserved